クサガメ飼育歴13年、ヤマのブログ。クサガメの飼育方法や経験談を綴りシェアしていきます◎半水棲カメの飼育の参考にどうぞ!

亀の甲羅のお手入れを解説!コケやぬめりが出た時の掃除のやり方【動画付き!】

2020/12/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -

クサガメ飼育歴13年のYamaです!

カメさんを飼育していて、甲羅にコケが生えたり・ぬめりがでたりすることはないることはないでしょうか?
そんな時はお掃除してあげる必要があります。
亀さんの甲羅のケアは大切です◎

この記事では、クサガメや半水棲亀の甲羅にコケやぬめりがでた時の対処・お掃除のやり方を動画付きで解説していきます。

【この記事はクサガメに限らずミドリガメやイシガメ、ゼニガメなどの半水棲カメにも共通するものなので参考にしてみてください◎】

甲羅にコケやぬめりが出る原因

主な原因は、甲羅干しや日光浴不足水が汚れているといったものです。

甲羅干しがちゃんとした環境でできていないと、甲羅がしっかり乾燥させられず甲羅が常に濡れている状態になってしまいます。

そうすると、コケやぬめりが発生しやすくなります。

ですので、亀さんがしっかり甲羅干しできる陸場を用意してあげましょう。

 

また日光浴や紫外線が不足していると、甲羅の殺菌・成長なども十分にできなくなります。

水が汚れているとコケやぬめりが発生しやすくなるので、水換えはこまめにすることが大切です。

甲羅のコケやぬめりは亀さんの健康にもよくないので、しっかり管理してあげましょう。

またジメジメした環境で飼育していると水カビ病にもかかりやすくなります

甲羅の掃除のやり方・手順【動画付き】

用意するものは、歯ブラシ・スポンジ・洗面器・水の4つです。

 

<甲羅お掃除の手順>
まず洗面器にカメさんと水槽の水を少しいれ甲羅をぬらす。

あとはカメさんの体を傷つけないように甲羅の部分(裏表の両方)を歯ブラシやスポンジでこすり汚れをとる。
(甲羅以外の部分をブラシなどで擦ってしまうとカメさんの皮膚が傷ついたりするので注意です)

コケやぬめりなどの汚れが取れたら、洗面器に入れた水で甲羅を軽く流す。
以上で完了になります◎

 

余裕があれば、30分〜1時間ほど日光浴をさせてあげましょう。

 

コケやぬめりを抑える方法:甲羅干しと日光浴をしっかりさせる

甲羅干しや日光浴をしっかりさせることで、かなり甲羅のコケやぬめりの発生を抑えることができます。


しっかり甲羅を乾燥させてあげることがポイントです。

 

おすすめの方法は、水槽の外に出し定期的なお散歩や日光浴をさせてあげることです。

これらをすることでカメさんのストレス解消などにも効果的です◎
我が家では週に1,2回は外に出すようにして、1回に1時間くらいはお散歩させています。

 

また水槽内に陸場があっても、水没していたりすると甲羅干しの効果が半減してしまうので注意しましょう。
画像のように陸場の一部はしっかり水面から出るように設置しておくことが大切です。

クサガメ飼育 陸場 水位 水深 深さ

 

甲羅のお手入れまとめ

・亀の甲羅にコケやぬめりが出たら…
水で甲羅をぬらし、歯ブラシやスポンジで汚れを取ってあげる
(体を傷つけないように注意!)

・甲羅のコケやぬめりの予防
しっかり甲羅干しをさせて、定期的に日光浴を取り入れる

甲羅を綺麗に保つことで亀さんの健康を保つことにも繋がるので、しっかり管理してあげましょう◎
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。